SUIHANKI

どたばたハッピーがん患者フチダフチコが恥ずかし気もなくグルメ・レシピ・調理器具を一丁前に語る恥ずかしいブログ

MENU

【レシピ】「たまごときくらげの炒め」が中華料理の中で結局いちばんウマイ【木須肉(ムースーロー)の作り方】

中華料理屋さんのメニューにある、「たまごときくらげの炒め」。実は、あの料理は「木須肉(ムースーロー)」という名前です。今回は、オイスターソースの香る、"実は中華料理でいちばんウマイ料理"のレシピを紹介します。
 
 
参考記事

★【レシピ】「たまごときくらげの炒め」が中華料理の中で結局いちばんウマイ【木須肉(ムースーロー)の作り方】

f:id:warijaku:20201108130456p:plain

◆用意する物

[食材]
・たまご 3つ
・豚バラ 100g
・きくらげ
 
[調味料など]
ごま油
こしょう
しょうが(チューブ)
にんにく(ひとかけ)
 
 
 

◆料理の手順

(1)料理を始める前に-
・フライパンにごま油を敷き、スライスしたにんにくを浸す(火は点けない)。
 
・乾燥きくらげをぬるま湯で戻す(10-20分放置)
 
 
 
(2)食材の切り付け・下拵え-
・豚バラは食べやすい大きさに切り、酒(大さじ1)を揉み込み、塩・胡椒を振る。
 
・たまごを溶き、ごま油(大さじ1)、塩、こしょうを入れて、混ぜ合わせる。
 
・しょうが(チューブ1cm)、オイスターソース(大さじ1」、水(大さじ2)、片栗粉(大さじ1程度)を合わせ、混ぜ合わせる。
 
 
 
・・・・ここまで火を使わないのでゆっくり丁寧に準備しましょう・・・・
 
 
 
(3)料理スタート
・(1)で用意した、にんにくを浸したごま油を使って豚バラを焼く。火が通ったら、皿に上げて、一度フライパンをきれいに。
 
・フライパンにサラダ油を敷き、130℃まで温めたら弱火にして、たまごを入れる。軽く掻き混ぜ、固まったら、一度フライパンを火から下ろして濡れ布巾の上に待機させる。
 
・豚バラときくらげを合わせて、(2)で用意した調味料を入れる。再び火に掛け、フライパンを煽って混ぜ合わせる。
 
 
 
 
(4)完成
・テンションをブチ上げてお皿に盛りましょう。
 
 
 

◆まとめ

今回は、【【レシピ】「たまごときくらげの炒め」が中華料理の中で結局いちばんウマイ【木須肉(ムースーロー)の作り方】】を紹介しました。以下の点も、要チェックです。
 
・たまごをフライパンで扱う時は、「130℃で固めて濡れ布巾の上に下ろす」をすれば失敗せずにふわっとしたたまごが作れます。
 
・豚バラは、ロースでもオッケーです。お好みで。
 
・小松菜、チンゲン菜、にんじん、たけのこ、などの野菜を入れてもウマイです。
 
 

 

フチダフチコのブログ「SUIHANKI」では、どたばたハッピーがん患者フチダフチコが恥ずかし気もなくグルメ・レシピ・調理器具を一丁前に語る恥ずかしいブログという、ざっくりとしたテーマでめし日記・レシピ紹介・調理器具紹介・飲食店紹介をしています。みんなの一人暮らし・家庭料理・おうちごはんが豊かになるように祈りまして。いただきます。


その他の活動は以下のリンクからご覧いただけますので、お目通しくださいませ。

 

それでは!

 

 ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

🧻フチダフチコのあれこれ 🧻

おふざけ呟きアカウント
フチダフチコのtwitter
👉twitter.com/warijaku/

地元ぶらぶら散歩マガジン「サンポー」連載中
フチダフチコの「地面のマガジン」
👉sanpoo.jp/writer/warijaku/

割と真面目にエッセイを執筆中

フチダフチコのブログ「此岸」
👉warijaku.com

 

ブログランキングにも参加してます!

にほんブログ村👉ブログランキング・にほんブログ村へ

BLOG RANKING👉

レシピブログランキング👉